こむら返り 原因 症状

こむら返りの原因や症状について

スポンサーリンク

こむら返りとは急に痛みを伴って足の筋肉が収縮したり、痙攣が起きたりする症状です。
激痛を伴う場合もあります。
こむら返りはふくらはぎや足の側面や足の指、腱などにおこる症状です。
足以外にも手や首や腹や背部などにも起こるとされています。
こむら返りは足を激しく動かすサッカーやテニスなどの運動をしている時におこりやすいとされています。
激しい運動をすることで筋肉に疲労物質である乳酸が溜まりその結果、筋肉が異常に興奮することが原因でこむら返りがおこると考えられています。
また軽い運動をしている時や睡眠中にも起こることがあります。
軽い運動の場合でも準備運動などを怠ったり、普段使っていない筋肉を急に動かしたりすることが原因でこむら返りは起こります。
こむら返りの症状を予防するためにはカルシウムやマグネシウムを意識的に補う、ビタミンやタウリンなどを摂取するといった方法が効果が期待できます。
また運動前後にしっかりと準備運動を行い筋肉をほぐしてあげることでも予防することができます。
こむら返りの症状は癖になってしまうと厄介な症状なので注意しましょう。
スポンサーリンク

こむら返りの症状が起こる原因として栄養不足、水分不足、血行不良、運動不足などがあげられます。
栄養不足が原因の場合にはミネラルが不足している可能性が高いです。
血液中にあるミネラルイオンがバランスを崩すことが原因で、筋肉が異常興奮状態である痙攣が起きやすくなります。
この症状を予防するためにはミネラルの中でも特にカルシウムやマグネシウムを意識的に摂取しましょう。
またビタミンB1やタウリン不足も、こむら返りの症状が起きる原因と考えられています。
また水分不足になると体内のミネラルのバランスが崩れます。
ミネラルには筋肉や神経の働きを調整する働きがあるため、それが乱れるとこむら返りの症状が起きやすくなります。
同様に血行不良になるとそれが原因で栄養が体内に行きわたりにくくなります。
それから運動不足になると筋肉が衰えてかたくなってしまいます。
そうなると何らかの理由で筋肉が収縮した場合に、異常収縮が起きやすくなります。
こむら返りが起きる原因は上記のものと考えられていますが、日常生活を見直したり、ストレッチなどの軽い運動をして筋肉をほぐすことで予防することができます。
スポンサーリンク