ふくらはぎ 内出血 痛み

ふくらはぎの内出血による痛みについて

スポンサーリンク

通常外部からの強い衝撃を受けることによって内出血が発生することが多く、ふくらはぎをぶつけると患部が青あざになることもあります。
ですが中には痛みを感じてしまうケースもあり、ふくらはぎの内出血について説明をしていきます。
この場合において懸念される病気として、白血病という可能性があります。
白血病は血液のがんとも呼ばれている病気で、突然ふくらはぎに内出血が発症することがあります。
白血病発症時における特徴として、外部からの衝撃や痛みを感じなくても突然発症することがあります。
白血病を発症することで、体内の止血作用の流れが鈍くなってしまうことが特徴です。
そのためふくらはぎに痛みを感じていなくても、突然内出血を発症してしまうこともあります。
ですが白血病が原因となっている場合には、外部からの痛みがないというのが最大の特徴となっています。
なので突然ふくらはぎに内出血が出た場合には、痛みがあるかないかで区別することが出来ます。
このように区別することで、単なる外部刺激によるものか白血病が原因か判断することが可能です。
スポンサーリンク

 白血病以外の病気や症状によってふくらはぎに内出血が出る2つめの可能性として、むくみによっても発症することがあります。
むくみとは血液の流れが悪くなったり水分が貯まってしまう症状であり、この場合には体に痛みを感じることはあまりないです。
外部からの刺激といったこともないため、痛みを感じないままふくらはぎが内出血してしまうことがあります。
むくみによって毛細血管が圧迫されてしまうことから、突然ふくらはぎが内出血を起こしてしまうことがあります。
またむくみが原因となっている場合には、痛みを感じないだけでなく他の場所も内出血を起こしてしまう可能性があります。
背中やひじといった場所にも、毛細血管の影響により内出血が出てしまいます。
このケースにおける対策については、日頃から体の血行を促進させることが重要です。
そのために時間をかけてゆっくりと入浴したり、ふくらはぎをマッサージすることでも血行を促進させることが出来ます。
さらに着圧ストッキングを着用することでも、体のむくみという症状を効率良く改善することが可能です。
スポンサーリンク