ふくらはぎ むくみ 痛み 病気

ふくらはぎにむくみや痛みがあらわれる病気について

スポンサーリンク

ふくらはぎにむくみや痛みがある場合には注意が必要です。
ふくらはぎにむくみや痛みがあるからといって必ずしも病気が原因であるというわけではありませんが、突然痛みやむくみがあらわれた場合やむくみや痛みがなかなかひかない場合には病気が原因である可能性もあるため気を付けましょう。
ふくらはぎにむくみや痛みがあらわれる原因としては血行が悪い場合、栄養不良、坐骨神経痛、肉離れといった病気があげられます。
血行不良の場合には動脈硬化や静脈瘤などの病気が原因の可能性があります。
またふくらはぎの筋肉に十分に栄養が行っていない状態だとむくみや痛みがあらわれます。
このような症状があらわれる場合ミネラルやビタミンが不足している可能性が高いです。
バランスの良い食事を心がけることで症状を改善させることができます。
坐骨神経痛という病気は重度の腰痛のような症状です。
この病気の場合にはむくみの症状はあまり現れず、ふくらはぎの痛みが主な症状になります。
坐骨神経痛の場合には早めに治療に取りかかることが大切です。
このようにふくらはぎに何らかの異常があらわれる病気は様々なものが考えられます。
異常がある場合には無理をせずに早めに病院に行き適切な治療を受けましょう。
スポンサーリンク

ふくらはぎにむくみや痛みなどの症状がある場合には注意しましょう。
筋肉痛などの一時的な症状であれば重症でない限り時間が経過することで症状は改善されますが、病気が原因でふくらはぎにむくみや痛みがあらわれている場合もあります。
ふくらはぎにむくみや痛みがあらわれる症状の一つとして坐骨神経痛があげられます。
坐骨神経痛の原因としては様々なものがあげられます。
若年層なら腰椎間板ヘルニア、中高年以降なら脊柱管狭窄症による場合が多いです。
ほかにも変形性腰椎症、変形性股関節症、腰椎分離症、腰椎すべり症など様々な原因が考えられます。
症状としては腰や臀部や太ももに痛みやしびれを感じる、痛くて歩きにくい、長時間の歩行ができないといった症状があらわれます。
治療法としては薬物治療、神経ブロック、理学療法、装具療法、外科手術などがあげられます。
早期に治療に取りかかったほうが負担も少なくて済みますし、治るまでの時間も短くて済みます。
坐骨神経痛のほかにもふくらはぎに何らかの異常があらわれる病気や症状には様々なものがあるため、異常がある場合や続く場合には早めに病院に行き適切な治療を受けましょう。
スポンサーリンク