ふくらはぎ 疲れ 取れない

ふくらはぎの疲れが取れない場合の原因や対処法について

スポンサーリンク

ふくらはぎの疲れが取れない原因としてはいろいろな可能性が考えられます。
ふくらはぎの疲れが取れない主な原因としては立ち仕事による疲労、血行不良、冷えなどがあげられます。
ふくらはぎの疲れが十分に取れていないと血液を送るための機能がうまく機能できなくなります。
同様にふくらはぎが冷えると血行も悪くなりますし、長時間の立ち仕事や同じ姿勢が続くと筋肉が固くなってしまいます。
これらが疲れを感じる原因となります。
ふくらはぎの疲れが取れない場合の対処法としては日ごろから体を冷やさないように注意する、入浴で温める、マッサージやストレッチで筋肉をほぐす、運動不足に注意する、適度な水分をとるといった方法が効果的です。
普段から血行を良くし、筋肉を適度に使って硬くならないようにすることでふくらはぎに疲れがたまらないように意識しましょう。
それからふくらはぎの疲れが取れない原因としては何らかの病気が原因の場合もあります。
上記の方法を実践しても改善が見られなかったり、長期間疲れが取れない状態が続くようなら病気の可能性を考え、医療機関に行き適切な対処法をとりましょう。
スポンサーリンク

ふくらはぎの疲れが取れない場合には注意が必要です。
ふくらはぎに疲労がたまっている原因としては主に長時間同じ姿勢を続けている、血行が悪くなっている、冷えなどがあげられますが、病気が原因でだるさや疲れを感じるケースもあります。
このような症状があらわれる病気としては閉塞性動脈硬化症、急性動脈閉塞などがあげられます。
閉塞性動脈硬化症の症状としては少し歩いただけで足にだるさを感じたり、痛みがあるといった症状があげられます。
足に動脈硬化がある状態なので、足の疲れやだるさが長期間取れないようなら念のため内科や循環器科などで診てもらいましょう。
急性動脈閉塞の場合には足にだるさや痛みなどを感じ、冷たくなったり血色が変わるといった症状があらわれます。
この症状の場合には足に血栓ができていて血液循環ができない状態になっているためすぐに手術が必要になります。
そのため上記のような症状があらわれた場合には早急に医療機関に行きましょう。
ふくらはぎの疲労が取れない場合にはこのように病気の可能性もあるため注意しましょう。
疲労が取れないイコール病気ではありませんが、病気の可能性を知っておくことで早急に対処することができます。
スポンサーリンク