ふくらはぎ 打撲 腫れ 治療

ふくらはぎの打撲は腫れにおける治療方法

スポンサーリンク

運動やスポーツをしている人に多い怪我の種類として、足を強くぶつけてしまうことでふくらはぎを痛めてしまうことがあります。
その際に打撲をしてしまうと患部が腫れてしまうことがあるので、そうなると早急に治療をする必要があります。
この場合における治療の流れとして、打撲によって痛めてしまったふくらはぎの腫れを抑えることが重要です。
その際の1つめの治療方法ですが、晴れてしまったふくらはぎを冷やすと効果的です。
冷湿布か氷袋を用意して打撲した患部を冷やすことによって、ふくらはぎ周辺で発症している炎症を緩和することが出来ます。
それによってふくらはぎの腫れも時間の経過と共に治まり、比較的短時間で治療可能となります。
ポイントとして、打撲などの腫れ発症時には患部を冷やすことで痛みを一時的に緩和することが出来ます。
治療法としてというよりも、打撲した腫れを冷やすことは応急処置に近い対処法となっているのもポイントとなります。
ですが症状がひどくないケースにおいては、こういった応急処置方法をするだけでも完治してしまうことがあります。
スポンサーリンク

 一般的にふくらはぎを打撲によって痛めて腫れになった時の治療法として、患部を冷湿布や氷袋で冷やすと炎症を緩和することが出来ます。
しかしこの方法は応急処置方法となっているため、2つめの治療法として出来るだけ早く医療機関を受診すると良いです。
受診する診療科については整形外科となっており、医師に打撲によって腫れが出来たふくらはぎを診察してもらいます。
整形外科ではふくらはぎの打撲による治療を専門的に行っており、腫れに対する対処法も冷湿布以外に用意されています。
代表的な治療方法として、整形外科ではテーピングという道具を使用してふくらはぎを一時的に固定していきます。
そして整形外科でも冷湿布が処方されることが多く、テーピングを同時並行して進めていくとより高い治療効果が得られます。
また整形外科は比較的多くの地域で開業されているクリニックでもあり、土曜日も診療を行っているケースが多いです。
なので普段仕事や学校に通っているというケースでも、比較的受診しやすい診療科となります。
そして基本的に保険適用内で診察しているので、保険証を持参すれば数千円で治療が受けられるのも特徴です。
スポンサーリンク