ふくらはぎ 激痛 突然

ふくらはぎに突然激痛を感じた場合の原因について

スポンサーリンク

ふくらはぎに突然の激痛を感じた場合には注意が必要です。
ふくらはぎに痛みを感じる症状は決して珍しいものではありませんが、中には神経、内臓、腫瘍などの重大な病気のサインである可能性もあるため、ふくらはぎに突然の激痛を感じた場合には注意しましょう。
ふくらはぎの痛みの原因としてはまず筋肉痛、肉離れの、こむら返りなどがあげられます。
これらの症状の場合には痛みが生じたタイミングなどで痛みの原因を特定できるケースが多いです。
筋肉痛や肉離れやこむら返りが原因の場合には、時間の経過とともに治る場合がほとんどです。
ただし激痛があったり症状が続くようなら病院に行きましょう。
上記以外の症状でふくらはぎに突然の激痛が走る病気としては坐骨神経痛、軟部腫瘍、内臓疾患や通風など様々な原因が考えられます。
痛みが一日に何度もある場合や、何日も続く場合には早めに病院に行きましょう。
ふくらはぎに突然の激痛があらわれる原因が思いつかない場合には、整形外科や内科を受診するのが一般的です。
できればどちらも受診して痛みの原因を特定させ適切な治療を受けましょう。
スポンサーリンク

ふくらはぎに突然の激痛を感じる症状の一つとしてこむら返りがあげられます。
こむら返りは眠っているときに突然ふくらはぎがつって激痛を感じる症状です。
睡眠時以外にもスポーツをしているときや長時間同じ姿勢をとっている場合にも起こる場合があります。
足がつるという症状は珍しいものではありません。
突然に激痛を感じますが、こむら返りは基本的には重大な病気とは関係がないと考えられています。
しかし癖になってしまうとこむら返りが頻繁に起きるようになるため注意が必要です。
こむら返りや足がつる原因は筋肉の疲労、筋肉の冷え、栄養不足などがあげられます。
日常生活の中でも無意識のうちに筋肉に疲労がたまっていたり、冷えなどで血行が悪くなると筋肉が収縮してしまいます。
症状を予防するには運動前にしっかり準備運動をして筋肉をほぐしてあげましょう。
それからストレッチで足の筋肉をほぐしてあげる方法も予防策として効果が期待できます。
こむら返りのほかにもふくらはぎに突然の激痛を感じる症状はさまざまなものがあげられます。
筋肉痛などの一時的な症状であれば時間経過とともに症状は治まりますが、病気が原因の可能性もあるため、症状が続いたり痛みがひどい場合には早急に病院に行きましょう。
スポンサーリンク