右足 ふくらはぎ しびれ 原因

右足のふくらはぎにしびれを感じる原因について

スポンサーリンク

右足のふくらはぎにしびれの症状がある場合には注意しましょう。
何らかの病気が原因で右足のふくらはぎにしびれを感じている可能性もあります。
右足のふくらはぎにしびれの症状があらわれる原因としては筋力の低下や疲労、冷え、姿勢の悪さ、疾患などがあげられます。
筋力が低下したり疲労がたまっている状態だと、血液を送る機能も低下してしまうためしびれやむくみといった症状があらわれます。
また体が冷えてしまうと筋肉が張ってしまうため、それが原因で痺れを感じるケースがあります。
それから座る姿勢や立つ姿勢が悪いと神経が圧迫されてしまい、それがしびれの原因となります。
そして臓器が弱っていたり、何らかの病気が原因で右足のふくらはぎにしびれやむくみといった症状があらわれる病気は様々なものがあるため、右足のふくらはぎにむくみやしびれなどの症状が続く場合には注意が必要です。
右足のふくらはぎにしびれやむくみなどの症状があらわれている場合の対処法としてはマッサージで筋肉をほぐす、足を圧迫しないようにする、入浴で血行を良くするといった方法が効果が期待できます。
スポンサーリンク

右足のふくらはぎにしびれやむくみなどの症状がある場合には、病気が原因の可能性もあるため注意が必要です。
筋肉の疲労や冷え、姿勢などが原因の場合にはマッサージや入浴などで血行をよくしたり、筋肉をほぐしたり擦ることで症状の改善が期待できますが、こういった対処法を試しても右足のふくらはぎの症状が改善しない場合には、何らかの病気が原因である可能性を考えましょう。
このような場合に考えられる病気としては椎間板ヘルニア、脳梗塞、糖尿病などが考えられます。
椎間板ヘルニアの場合には腰に強い痛みを感じたり足にしびれや痛みがあらわれます。
脳梗塞の場合には片足や体の片方だけにしびれがあらわれます。
これらの症状のほかに顔面が引きつったりろれつが回らないなどの症状がある場合には早急に病院に行きましょう。
糖尿病の場合には手足の先に症状があらわれます。
そのほかにも倦怠感や疲れやすいといった症状があらわれます。
手や足、体の片側だけに何らかの症状があらわれた場合には病気の可能性が高いため注意しましょう。
放置すると命にかかわる病気が原因である可能性もあります。
スポンサーリンク