ふくらはぎ 内側 太い 原因

ふくらはぎの内側が太い原因

スポンサーリンク

ふくらはぎの内側が太い場合、原因として考えられるのは筋肉の発達です。
ヒラメ筋と呼ばれる、ふくらはぎ全体の奥に広がっている筋肉や、緋腹筋が異常に鍛えられてしまった為、太くなった可能性があります。
原因は筋肉の発達なので、対処が難しいと考える人も少なくありませんが、実はふくらはぎの内側といった一部の筋肉のみが発達してしまう場合、外反母趾や靴のサイズがあっていない場合もあるので、確認しましょう。
太い原因が靴のサイズの場合、靴のサイズを合わせることが、不自然に足の一部に負担をかけずに歩くことにつながります。
結果として、ふくらはぎの内側のみ太い現象から解放されやすくなるのです。
靴のサイズに問題がない場合、原因として考えられるのは歩き方のバランスが整っていない事です。
歩き方のバランスが崩れ、不用意にふくらはぎの内側に力が入りすぎてしまい、結果として太い足になってしまいます。
対策として歩き方を慎重に確認しましょう。
スマートフォンで自分の歩き方を撮影し、美しくするために必要なポイントを把握し、正しく歩けることで一部だけ太い現象から解放されます。
スポンサーリンク

筋肉以外でふくらはぎの内側が太い原因として考えられるのは、むくみです。
水分やリンパ液、老廃物が内側にたまってしまう為、流れが滞って太くなってしまいます。
対策としてはストレッチやマッサージが一番大切です。
また、お風呂に入ってゆっくりと足の血液の流れをよくすることも、リンパの流れの活性化につながります。
原因がはっきりしている場合は、適切にマッサージすることこそ重要です。
マッサージの方法はリンパの流れに合わせて実行することで、最初のうちは少々重くても、少しずつ流れを活性化させることができます。
定期的にアロマオイルやマッサージオイルを使ってマッサージすることで、太い脚から解放される可能性が高いです。
ふくらはぎの内側が太い時にむくみを感じる時には、マッサージだけでなく、ふくらはぎの内側に意識を向けたストレッチや運動を行いましょう。
原因として運動不足になっている可能性があるため、適切に運動をして原因を取り除くことが、きれいな脚に近づけるチャンスです。
毎日少しずつストレッチを行う事で、きれいな脚になれる可能性が高まります。
スポンサーリンク