ふくらはぎ 揉むと痛い 原因

ふくらはぎが揉むと痛い原因

スポンサーリンク

ふくらはぎを揉むと痛い場合、多数の原因が考えられるため、どこがどのように痛むのか、正確に確認しましょう。
第一に考えられる原因は、リンパの流れが滞っていることです。
リンパの流れが滞ることによってむくみや、脚が太くなってしまう原因となります。
血液やリンパ液の流れが滞って揉むと痛いのは代謝異常に陥った証拠で、結果として太りやすくなる事や、疲れやすくなることが考えられるので、注意が必要です。
対処方法としては、ふくらはぎのリンパマッサージを行う事となります。
ふくらはぎの揉むと痛い部分が痛みを感じなくなるよう、毎晩入浴後にリンパマッサージを行う事で、代謝異常から解放されやすいです。
なお、水分の過剰摂取やむくみが原因の場合にも、対処法としてはリンパマッサージが有効となります。
ふくらはぎを揉むと痛いけれど体調に異常がない場合は、慢性的な代謝異常が考えられるので、対策として運動やリンパマッサージを行う事が重要です。
毎日継続して実行することで、むくみ対処につながり、徐々にむくみにくくなり、痛みも軽減しやすくなります。
スポンサーリンク

また、ふくらはぎを揉むと痛い場合、体内の病気を暗示している可能性があるので、どちら側が痛いか確認してください。
揉むと痛いのがふくらはぎの内側である場合、原因として考えられるのが、肝臓や婦人科の病気、また、腎臓や膀胱、便秘です。
揉むと痛い場合、揉み続けることで代謝率を高めることにつながりますが、ふくらはぎの痛みが継続される場合、内臓の体調悪化が懸念されます。
早急に医療機関を受診して、検査を受けることが重要です。
ふくらはぎの外側を揉むと痛い場合、原因として考えられるのは、頭痛や筋肉痛、めまいや耳鳴りが懸念されます。
肩こりが原因であることが少なくないため、ふくらはぎをもむだけでなく、肩こり解消のためにマッサージに出かけるのも選択肢の一つです。
なお、揉むと痛い部分がふくらはぎの中央部分からアキレス腱の場合には、精神バランスの乱れや膀胱炎が考えられます。
尿の出の具合を確認し、気になる場合は泌尿器科を受診しましょう。
原因は多々ありますが、他の体調不良が考えられる場合は、なるべく早く医療機関に出かけてください。
スポンサーリンク