筋肉痛 なりやすい人 原因 対処

筋肉痛になりやすい人の原因と対処方法

スポンサーリンク

体質によって、筋肉痛になりやすい人となりにくい人とがいるため、原因を知り、対処することで、なりにくい体質に変化できます。
そもそも筋肉痛の原因は急激な運動をしたことによって、筋線維に微細な傷が発生してしまうことにあるという説が有力な説の一つです。
もう一つ有力な説として、毛細血管が少ない人は乳酸物質の除去がスピーディーに行われてない為、なりやすい人となる事が挙げられています。
どちらの説でもなりやすい人に共通している対処法は、定期的に運動を行い、筋肉や毛細血管の発達を促す方法です。
運動を行う事で筋肉や血管が発達し、筋肉痛の痛みを軽減される説が有力に支持されています。
また、それ以外の対処法としては、原因解消の為、運動をする前に十分なストレッチ体操を行う事です。
急激な運動によって筋肉痛になりやすい人の場合、ゆっくり徐々に筋肉を伸ばすことで、筋線維に与えるダメージを軽減させる為、原因の運動不足から解消されます。
運動前に10分から20分ほど行う事が、筋肉痛を軽減する対処につながり、穏やかに体内の筋肉量を増やせる可能性が高いです。
スポンサーリンク

原因として筋肉量の少なさがあるといわれるため、なりやすい人は毎晩寝る前に汗ばむほどにストレッチを行ったほうがいいでしょう。
運動前だけでなく、毎日寝る前に行う事で血液の流れの活性化や、筋線維への影響、さらに筋肉量の増加につながります。
また、筋肉痛になりやすい人は数日筋肉トレーニングを休むと、筋肉量が低下して元通りになってしまい、対処にはその倍以上の日数が必要です。
そのため、原因となる筋肉量の少なさを自覚したら、毎日ストレッチやウォーキングを毎日少しずつ行う事、必ず辞めずに続けることが対処につながります。
気を付けたいのは、原因となる運動不足解消の為の運動を過剰に行って、筋肉痛にならない事です。
最初のうち筋肉痛になりやすい人は、ならない程度の負担で、運動を徐々に増やしましょう。
原因に対する対処は、正しく行われる事が大切です。
また、なりやすい人はストレッチを行う事で、ダイエットや代謝率の向上を感じる人も少なくありません。
対処方法として運動していたつもりが、ダイエットにつながることもあるからです。
スポンサーリンク