運動 筋肉痛 発熱

運動後に筋肉痛や発熱が起こる理由について

スポンサーリンク

激しい運動をした後や普段使っていない筋肉を使った場合には、翌日痛みがあらわれる場合があります。
これがいわゆる筋肉痛と呼ばれる症状で、体に対して筋肉をつけようとする際に発生するものです。
筋肉痛は重症でない限りは時間が経過することで症状がおさまります。
その過程で発熱を起こすケースもあります。
発熱が起こるのは体が筋肉をつけようとしているからです。
発熱をすることで新陳代謝が高まりますが、運動をし過ぎると全身が発熱し体温が上がってしまうため、運動をする場合には適度に休息をとることも重要です。
特に筋肉をつけるために運動をしている場合にはなおさらです。
より効果的に筋肉をつけるには運動とともにしっかりと休息をとることも重要と考えられています。
激しい運動を休息を取らずに続けてしまうと、かえって体を痛めてしまう場合もあるため注意しましょう。
また運動後に筋肉痛があらわれるのは決して珍しい症状ではありませんが、痛みがひどい場合や時間がたっても症状が改善しない場合などには病院に行きましょう。
通常、筋肉痛は時間がたてば症状が改善しますが、そうでない場合には筋肉が損傷していたり、病気などの原因で筋肉痛を感じている可能性もあります。
スポンサーリンク

筋肉痛は激しい運動をしなくても起こる場合があります。
もちろん普段動かしていない筋肉を使ったり、長時間運動をすることでも筋肉痛は起こりますが、ほかにも同じ姿勢でのデスクワークや筋肉が冷えることでも筋肉痛は起こります。
同じ姿勢でデスクワークをすることで首や肩や腰の周りの筋肉が緊張して固まってしまいます。
この緊張がこりとなります。
またエアコンの使用などで腕や足などを長時間冷やしてしまうと筋肉痛が起こるケースもあります。
筋肉痛にならないための対処法としては血行を良くする、普段から運動をする、運動前後にストレッチをするといった方法が効果が期待できます。
それから急激なトレーニング行うと発熱をする場合もあります。
体が筋肉をつけようとするときに発熱を伴います。
この発熱により新陳代謝が高められますが、トレーニングをし過ぎると全身に発熱を起こして、平均体温が上がってしまいます。
これを予防しより効果的に筋肉をつけたいのならば、トレーニングを行うときに適度に休息をとることが重要とされています。
休息なしの過度なトレーニングは体を壊す原因となるため注意しましょう。
スポンサーリンク