筋肉痛 なりやすい 病気

筋肉痛になりやすい病気を知る事

スポンサーリンク

運動不足で筋肉痛になりやすい人はいますが、運動をしていないのに筋肉痛を感じる場合、病気の可能性があります。
病気として筋肉痛になりやすいのは複数ありますが、膠原病が有名です。
膠原病は人間の身体を支える筋肉に同じ病原体が発見されることから名づけられた病気で、複数の病気の総称といわれています。
筋肉痛になりやすいというよりも、進行状況によって運動をした後のように筋肉が傷むことが特徴の一つです。
症状によって筋肉の炎症がずっと続いたことによって、運動した後のように筋肉が傷んでしまいます。
炎症を抑えるための薬を投薬治療することが少なくありませんが、ステロイド剤を利用した治療が主流です。
自己免疫機能が筋肉を傷めつけて、あたかも筋肉痛になりやすいかのように錯覚させる、免疫機能の病気といわれています。
それ以外でなりやすいのは、線維筋痛症です。
線維筋痛症は検査では原因がわからない、謎の病気とされています。
筋肉痛になりやすいように見えて、全身関節から筋肉まですべてが痛むので、万が一当てはまる場合には早急にリウマチ専門医にかかることが必要です。
スポンサーリンク

初期症状として筋肉痛になりやすいと感じられるのが、筋ジストロフィー症です。
遺伝性筋疾患の一つで、早ければ赤ちゃんの頃から症状を発症しますが、遅い人の場合には16歳から30歳までの間に発症するため、ばらつきのある病気といえます。
ただ、症状の一つに筋肉痛になりやすいことが挙げられているのは事実です。
筋肉を囲んでいる筋繊維が破壊されてしまう病気で、筋肉を動かすことによってさらにそのスピードが速まる傾向があるといいます。
そのため、できるだけ全身に負担を分散して活動することで、スピードを遅くすることが可能との考えがあります。
無理な体勢を取らずに全身を動かせるようにすることが大切であるため、医療スタッフの指示に従いましょう。
もし今まで普通に活動できていたとしても、遺伝子上の疾患がある場合には発症する可能性があります。
気になる場合にはある程度検査を受けることが必要です。
血液検査や遺伝子検査によって診断される為、万が一気になる場合には、専門的な医療機関で診察を受け、検査を受けてください。
身内に患者がいる場合、検査を受ける人が多くなっています。
スポンサーリンク