すね 筋肉痛 原因

すねに筋肉痛が起こる原因について

スポンサーリンク

すねの外側にある筋肉は歩く、走るなど基本的な運動をするために重要な筋肉の一つです。
そのため激しい運動をしたわけでもないのに筋肉痛になってしまう場合もあります。
すねが筋肉痛になる原因としては運動のし過ぎ、歩き方が悪い、運動不足や体の衰えなどが考えられます。
運動をし過ぎると他の部位と同じようにすねにも筋肉痛が起こります。
普段から運動をしているという人はすねが筋肉痛になる可能性は低いですが、普段運動をしない人はすねが筋肉痛になりやすいとされています。
また歩き方が悪いとそれが原因ですねの外側にある前脛骨筋に過剰に負荷がかかってしまいます。
そのため激しい運動をしていない場合にもすねに筋肉痛が起きます。
それから運動不足や体が衰えると足の筋肉や足の指が弱ってしまいます。
そうなると歩いたり少し走ったりするだけですねの筋肉に負荷がかかってしまいます。
こういった症状があらわれた場合にはマッサージをして筋肉をほぐしたり、患部を冷やしたり、十分な睡眠をとって足の筋肉を休ませたりといった方法が効果が期待できます。
スポンサーリンク

すねが筋肉痛になる原因の一つとして歩き方があげられます。
すねの外側には前脛骨筋という歩行などの基本的な運動をする際に重要になる筋肉があります。
そのため歩き方が悪いとそれが原因で前脛骨筋に過剰に負荷がかかってしまい、激しい運動をしていない場合にも筋肉痛が起こります。
また脛に痛みがあらわれる原因としてシンスプリントが考えられます。
シンスプリントは脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれます。
骨の周りは骨膜というという膜でおおわれていて筋肉と骨膜はつながっています。
この骨膜に炎症が起こっている状態がシンスプリントです。
この症状の原因は筋肉の使い過ぎがあげられます。
特にランニングやジャンプなどの動作を繰り返す競技で多く発症しています。
これらの動作を行うことで筋肉が働き、骨膜にも負担がかかります。
そのため過剰に筋肉を使いすぎると骨膜が炎症を起こす原因となります。
このような症状にならないためには筋肉の使い過ぎに注意する、運動前後はしっかりとストレッチを行ってケアをするといった方法が効果が期待できます。
このようにすねに筋肉痛が起きる原因はいくつか考えられます。
普段から歩き方に注意したり、適度に足を動かしてストレッチなどで筋肉をほぐしてあげることで筋肉痛を予防することができます。
スポンサーリンク