筋肉痛 病院 何科

筋肉痛で病院にかかる場合は何科か

スポンサーリンク

筋肉痛があまりにひどい場合、病院に行くべきだといわれていますが、何科にかかったらいいのかわからない人も多いといいます。
筋肉痛で病院にかかることがあまりない為、何科か知らないことは少なくありません。
基本的に受信したほうがいい医療機関としては、大きな病院の整形外科です。
筋肉痛がいつから始まっているのか、どれくらい痛みがあるのか、どのように動くと痛いのかを説明しましょう。
何科の医師にかかろうとも、説明に関しては医師にわかりやすく説明することが大切です。
痛みが発生してからの期間によっては筋肉痛ではなく、骨や筋肉に関する病気である可能性が否定できません。
そのため、何科の病院であっても、医療機関で検査を受ける必要があります。
体調の変化によっては入院や別の医療機関に紹介状を出してもらえる可能性も少なくありません。
綜合病院の受付で筋肉痛について話して、何科を受診したほうがいいのか相談する方法もあります。
その病院では筋肉に関して詳しい医師がいる可能性もあるので、どうしてもわからない場合は、事前に相談することは重要です。
スポンサーリンク

骨や関節に異常がなく、筋肉痛がひどくて病院を受診する前に、病院の何科を受診するのではなく、整体院や接骨院を受診することも有効です。
医師の診察を受けるばかりでなく、接骨院や整体院で筋肉痛の状態を確認してもらい、炎症がひどければ冷やしたほうがいいとアドバイスされる可能性が高いといいます。
筋肉に傷がついてしまったのが筋肉痛といわれている為、温めることで治ると考えがちですが、既に炎症になるほどひどいなら、冷やすことが重要です。
何科を受診しようと、筋肉の状態を確認して熱を持っている場合、医師は冷やすためのシップを処方してくれます。
ただし、1か月以上続いている場合、別の病気の可能性が高く、整形外科ではなく、リウマチ科を受診したほうがいい場合もあるので、注意が必要です。
症状によっては、何科を受診したらいいのかわからないことも多々ありますが、受付で相談する事や、整形外科やリウマチ科を受診する前にメールでお問合せしてみる方法もあります。
何より大切なのは、筋肉痛がひどい時、あまり放置しておかず、冷やして様子をみて、すぐ病院を受診してください。
スポンサーリンク