肉離れ しこり 治療

肉離れの後にできるしこりの治療

スポンサーリンク

肉離れのしこりができる原因には筋肉がダメージを受け治りきっていない部分が硬くなってしまうからです。
筋肉にはダメージを受けてしまった後に硬くなるという性質があります。
肉離れが長時間かかって自己回復した場合に筋肉にしこりができることが多いです。
炎症が起きているときは冷やすのがよく知られていますが炎症が落ち着いてくると硬さがでてきてしまいます。
筋肉が硬くなる原因として多いのは血液の循環が悪いからです。
つまり肉離れをそのまま放置しているときに見られる症状がしこりなのです。
何度も肉離れが繰り返されると筋肉の状態が悪化し、しこりができやすい傾向になります。
しこりの症状は筋肉の筋が張っている感じで感触はかなりコリコリしている感じです。
しこりの原因である肉離れを予防するには普段から何かしらのケアをしたり自分で適度なストレッチをするのが効果的です。
特に肉離れやそれが原因で起こる症状であるしこりが発症しやすい部位は胸やふともも、ふくらはぎで肥満や成長期で起こることもあります。
他には手や足などにも発症することがあります。
スポンサーリンク

肉離れの後にできるしこりの治療方法は、肉離れのときの治療法とほぼ同じです。
その治療方法は、血液の循環を良くすることで筋肉を回復させる治療です。
その治療によってしこりの大きさが少しづつ小さくなっていったりします。
起こしたばかりの肉離れとは異なり期間や治療回数がかかりますが、この治療法の利点は、少しづつ良くなっていくことです。
血液の循環を良くして筋肉を緩めていくのが肉離れのしこりの治療方法です。
ですが何もしなくてもしこりが自然に消えることもあります。
激しいスポーツなどをして動くことによって筋肉を使い血流を循環させているのでこのような場合には自然に治ることがあります。
血液というものは体を動かすことによって循環するのです。
そのため患部を気にせずに動かすことで症状がなくなることがかなり多いのです。
一番は、肉離れを起こした後はしっかりと医療機関で治療を受けることです。
症状が少し残っていても痛みや違和感がでない状態になり動けるようになることで筋肉の状態は自然と良くなっていきます。
症状を完治させてどのような動きでもできるようにすることが一番大切です。
スポンサーリンク