腕 肉離れ テーピング

腕の肉離れにはテーピングが有効

スポンサーリンク

肉離れというと、一般的にはふくらはぎや太ももなどに起こる足のケガというイメージがあります。
しかし時には、腕に発症することもあります。
腕の肉離れは卓球やテニスなど、腕を酷使するスポーツをする人によく起こります。
スポーツ以外でも、仕事や日常生活の中で重い物を持ち上げたり、激しく振り回したりする際に発症するケースがあります。
肉離れは、伸縮運動に筋肉の強度がついていけず、組織が断裂してしまうことで起こります。
軽度のものは自覚症状が筋肉痛とあまり変わらず、見た目もこれといった変化はありません。
ただし通常の筋肉痛よりも痛みが長引くようであれば肉離れを疑う必要があります。
重症の場合は患部が腫れあがったり、逆に凹んだりと外見にも変化があらわれます。
程度によっては腱が損傷してしまうこともあります。
一般に、腕の肉離れは足の場合よりも痛みが強いと言われています。
これは腕が心臓に近いことによるもので、脈を打つたびに血液が流れ込んで痛みを感じます。
放置していると悪化するおそれがあるため、できるだけ早期に医師の診断を受ける必要があります。
スポンサーリンク

腕に限らず、肉離れが起きた際の治療法としては、患部を固定して修復を促し、その後は回復の程度に応じてリハビリを行うというのが一般的な流れとなります。
よほどの重症でなければ手術はおこないません。
患部の修復には、テーピングがよく用いられます。
テーピングはギプスを使用するほどではないが、ある程度患部を固定しておく必要がある場合に用いられる医療用具です。
テーピングには伸縮性と非伸縮性の2種類があります。
腕の肉離れの場合、治療の初期においては基本的に非伸縮性のテーピングを使い、できるだけ患部を動かさないようにします。
ただし肩や肘などの関節に近いところで肉離れが起きた時は、必要最低限の動きを確保するために伸縮性のテーピングを使うことがあります。
リハビリ期にもテーピングが使われることがあります。
この場合は腕の筋力が十分回復しきっていない場合に組織をサポートするために利用するもので、伸縮性のテーピングが用いられます。
注意が必要なのは、テーピングを用いる際は必ず医師の指示に従うということです。
使用法や使用するタイミングを誤ると、却って症状を悪化させてしまうことがあります。
スポンサーリンク