肉離れ 痛み止め 注射

肉離れに対する痛み止め注射の有効活用

スポンサーリンク

肉離れと聞いたら、とても痛いというイメージがあると思います。
実際、肉離れになった方は痛み止めが要るほどの激痛を訴えますし、症状によっては治療期間も長くかかります。
肉離れは、なぜ起きるのでしょうか。
まず、私たちの肉体は20歳を境に筋肉が硬くなっていきます。
そこに急激な運動などで過度の負荷がかかり、それに筋肉を構成してる筋繊維が耐え切れなくなったとき、そこが損傷してしまうのです。
それを肉離れと言います。
肉離れの症状には軽度、中度、重度のものまで3段階あり、その深度に比例して痛みも激化します。
軽度はの症状はは痛みがありますが歩行可能であり、痛み止めの注射が必要になるケースは少ないです。
治療期間も2週間ほどです。
中度の症状は筋繊維の一部が断絶してる状況で自力での歩行が困難になります。
動かすのも苦痛である場合が多いので、痛み止めの注射も使う場合もあります。
治療期間はケースにも依りますが、およそ1〜2ヶ月です。
重度のものはかなり重症な肉離れの状況であり、筋繊維が深く断絶してその部分がくぼんでる程です。
この状況では自力の歩行はほぼ困難で、痛みも相当なものとなります。
治療期間も3ヶ月以上となり、もっとかかる場合もあります。
痛みで日常生活もままならないという事になるとストレスも多くなり、治療に支障が出る事も多く、根本的治療にはならないですが、痛み止めの注射はそのような場合に有益なのです。
スポンサーリンク

肉離れは基本的にはアイシングと温熱で血流を良くし、そこの細胞を活性化を促し自己治癒力を高めて治すという方法をとります。
肉離れ自体は病気ではないので、それを直す薬や注射というものは無いので、治療の基本は安静です。
あと、細胞を修復する助けのある食材もふんだんに摂取するのもの欠かせません。
しかし、安静といっても、それを上回る痛みがあった場合、休息や睡眠も満足に取れないこともあります。
そういう事態を回避するという役割に、痛み止めの注射は有益なのです。
また、薬では効果が得られるまでに時間がかかったり、人によっては効き目がない人もいるかも知れません。
専門機関で処方される痛み止めの注射は、それらより確実に効果を期待できます。
痛み止めの注射が必要なほどの肉離れは、かなり重症な状況であり、治療も長期間になることも多く、その後の衰えた筋肉を元に戻すリハビリも必要になってきます。
どちらにせよ、時間がかかるのでそのような状況になったら焦りも生まれますが、急いで治そうとしたり、筋力を元に戻そうとせず、まずは安静に筋繊維を修復することに専念するのが一番大事なのです。
その手助けになる有効な手段が痛み止めの注射の使用です。
活用すれば十分な休息が得られ、早めの回復を期待できます。
不測の事態になったら時は戻せませんが、適切な対処で十分リカバリー出来るので、痛みを抑え、治療に専念することを心がけて下さい。
スポンサーリンク