ふくらはぎ 外側 肉離れ

ふくらはぎの外側に肉離れがある場合について

スポンサーリンク

ふくらはぎの外側に肉離れが起こる症状は、30代以降のスポーツ愛好家に多くみられます。
原因の多くはテニスや野球などで走る、飛ぶ、跳ねるといった瞬間的動作を行った際にふくらはぎの筋肉が伸張されてふくらはぎの外側の肉離れが起こります。
肉離れは筋肉の部分的断裂または完全断裂で内出血があらわれる場合もあります。
ふくらはぎの外側に肉離れがある場合の主な症状は痛みで痛みの程度は3段階に分けられます。
軽度の症状なら痛みは感じますが自力で歩行も可能で、小走り程度の運動もできます。
治療法は安静にすることで、数日から数週間ほどで自然に回復します。
中度の症状の場合には筋繊維の一部断裂や筋膜が損傷していて、内出血がある場合もあります。
強い痛みを感じ自力での歩行も難しいです。
中度の段階のふくらはぎの外側の肉離れだと病院で治療を受けることも必要になります。
重度の症状の場合には激しい痛みがあり自力での歩行は困難です。
また損傷が激しく手で触って陥没を確認することもできます。
重度のふくらはぎの外側の肉離れの場合には病院での治療が不可欠です。
ふくらはぎの外側に肉離れをした場合にはとにかく安静にして、痛みがひどい場合には病院に行き適切な治療を受けましょう。
スポンサーリンク

ふくらはぎの外側に肉離れを起こしてしまった場合の対処法としては、まず安静にして筋肉を使わないようにすることが重要です。
肉離れは筋肉が損傷している状態のため、無理に筋肉を使うことで悪化してしまう可能性があります。
できるだけ動かさないようにしましょう。
サポーターやテーピングなどで筋肉の動きを制限する方法も治療法として効果的です。
また痛みが激しい場合には病院に行く必要があります。
軽度の症状の場合には安静にすることで自然に痛みがおさまりますが、歩くことができないほどの痛みを感じる場合には、かなり重度のため病院に行き適切な治療を行わなければいけません。
ふくらはぎの外側の肉離れは激しい運動などで筋肉の収縮動作が急激に行われた際におこります。
とくに柔軟性の不足、筋力の不足、筋肉疲労などがある場合には症状が起きやすくなります。
そのため運動をする場合には自分のコンディションを把握して、運動前後に準備運動を入念に行いましょう。
普段から柔軟体操やストレッチなどを行うことでも筋肉の柔軟性を維持できるため、肉離れの予防に効果が期待できます。
スポンサーリンク