肉離れ 内出血 原因 対処

肉離れで内出血となった原因と対処法

スポンサーリンク

肉離れの症状として、運動をしていて急に筋肉にひびが入ったような感触を感じるのが、特徴の一つです。
中度の肉離れの特徴として挙げられている原因が、内出血です。
原因として、肉離れによって筋肉や靱帯が損傷を起こすと、血液や細胞膜にも影響し、皮膚の下に流れ出してしまいます。
筋肉周辺の毛細血管や細胞が使えなくなってしまい、無傷の細胞にも出血で大きな影響を与える可能性が高いです。
内出血は肉離れを起こした当日ではなく、数日たってから症状が出てくる場合もありますが、できるだけ早く医療機関を受診し、対処しましょう。
病院に行く前の対処法としては、患部を心臓よりも高く上げる事、患部に冷却スプレーを感覚がなくなるまで行い、再び感覚が戻ってきてからスプレーを繰り返してください。
また、肉離れが原因で内出血している場合、重症度が2度となっている為、安静にして、患部を動かさないように心がけましょう。
急激な運動が原因で起こったことへの対処法は様々ですが、テーピングできる人がいればテーピングを、圧迫法を知っている人がいれば圧迫法を行い、患部の出血を抑えるよう心掛けてください。
スポンサーリンク

応急処置を行ってから医療機関を受診し、処置を行ってもらってから、日常生活を送るために必要な情報を把握してください。
部位によっては内出血が足全体に広がってしまう可能性もあるので、応急処置を行ってよかったといえます。
内出血が原因で患部周辺が青くなってしまっている可能性もありますが、比較的問題はありませんので、様子を見ることで対処しましょう。
新たな内出血がない場合、温熱療法に切り替える必要があります。
例を挙げると、ぬるめのお湯につかりマッサージする方法や、入浴後に優しくもむ方法も少なくありません。
ただし、いくら出血が収まったからといっても、急激な力でのマッサージは避けましょう。
対処の為のマッサージが原因で、再び内出血する可能性が高いからです。
肉離れ再発を防ぐために内出血対策には必ず医療機関を受診し、正しい対処を行ってください。
肉離れの原因は急激に運動を行う事といわれている為、対処法として定期的にストレッチを行いましょう。
定期的な対処によって、原因を取り除くことにつながり、肉離れにならずに済みます。
スポンサーリンク