肉離れ 治療 お風呂

肉離れの温熱治療としてお風呂は有効

スポンサーリンク

肉離れを発症した直後はコールドスプレーを利用して患部を冷やすことが求められますが、応急処置が終了してからは、患部を温めることが治療法につながります。
温熱療法と呼ばれており、具体的な方法としてお風呂で温める方法や、温かいタオルで患部を温める方法と、ライフスタイルに合わせて実行可能です。
肉離れした個所をできるだけ温めるのが最たる治療法ですが、お風呂に入るときには温度やのぼせることに気を付けて入りましょう。
お風呂に入っている時に患部をマッサージしたほうがいいのか、疑問に思う方も少なくありません。
しかし、肉離れの症状がある程度落ち着くまで、マッサージは避けましょう。
温熱治療でじっくり温めて治し、落ち着いて医師の許可を得てからマッサージしてください。
マッサージするときにもあまり急激な方法ではなく、適切に軽く行うことが重要です。
お風呂で行う場合でも、できるだけ軽く行いましょう。
冬であれば入浴後、寝るときに患部に湯たんぽを当てる方法も有効です。
ただし、当てるときには患部を火傷しないように、布やタオルで十分覆ってください。
スポンサーリンク

肉離れ治療にお風呂に入る場合、温度に気を付けることが何よりも大切です。
肉離れは筋肉の病気である以上、治療としてお風呂に入る場合、筋肉に温度が伝わらなければなりません。
あまり高温のお湯では、筋肉まで温かさが伝わらず、却ってよくないため、ぬるめの温度で入浴しましょう。
肉離れは全体的に筋肉を温めるほうが、筋肉が緩み、回復しやすくなるといわれています。
そのため、治療のための入浴として、ぬるめの温度でゆっくり入浴できるようにしましょう。
30分程度の入浴であれば、筋肉に負担をかけず温められます。
肉離れの治療法としては、他にも蒸しタオルを当てることによって筋肉を急激に伸縮させずに緩められるため、お風呂以外の方法では有効です。
低音火傷を避けるため、使い捨てカイロは避けましょう。
患部全体や周辺の筋肉を緩める温度で入ることが重要なので、肉離れの治療でお風呂に入るときには、入浴剤の効能によっては有効です。
気になる場合には医師に相談しましょう。
体調を回復させるための方法ですが、あまりにぬるすぎては風邪をひく可能性もあります。
できるだけ身体を温められるぬるめの温度が大切です。
スポンサーリンク