肉離れ 痛み 和らげる

肉離れ発症時に痛みを和らげる効果がある応急処置

スポンサーリンク

スポーツをしている人が発症しやすい病気の肉離れは強い痛みを感じることが多く、本来なら発症後すぐに整形外科を受診して治療をします。
しかし中にはすぐに整形外科を受診出来ないケースもあるため、ここで患部の痛みを和らげる効果がある応急処置法を紹介していきます。
肉離れ発症時における痛みを和らげる方法として、患部を冷やすことで緩和することが出来ます。
肉離れを起こしてしまったらすぐに冷湿布を貼って、患部の炎症を少しでも抑えることが重要です。
患部に冷湿布を貼ることによって、成分が筋肉や組織に浸透していき痛みを和らげることが出来ます。
それによってある程度痛みが和らいだら、次に包帯や固定器具などを使って足に巻きます。
こうすることで足を一時的に思うように動かすことが出来なくなるため、整形外科を受診するまでの間それで生活をします。
また学校の部活途中に肉離れを起こしてしまった時には、部活動はすぐに中止して自宅療養をする必要があります。
このようなことを心掛けることで、肉離れの痛みを和らげる応急処置として対策を取ることが出来ます。
スポンサーリンク

 通常の肉離れの痛みを和らげる方法として有効なのが、出来るだけ早く患部を冷湿布などを使い冷やすということです。
この応急処置方法であれば比較的早く痛みを和らげることが出来ますが、これはあくまでも一時的な措置となっています。
なのでこのような方法で痛みを和らげると同時に、きちんと肉離れの治療をする必要があります。
応急処置のみで痛みが引いてしまうことが多いですが、整形外科を受診して治療をしなければならないです。
ですが正しく応急処置をすれば、医療機関での肉離れ治療も比較的早く終わることが多いです。
事前に痛みを和らげる処置をしていたことから、肉離れによる症状も進行しないで緩和した状態で治療を受けることが出来ます。
整形外科での治療の流れとして、テーピングという医療機器を使って患部を固定することがあります。
一般販売されている商品よりも固定効果が高いため、包帯に比べて効率良く患部を押さえることが出来ます。
後は数週間から1ヶ月ほど繰り返し整形外科へ通院すれば、高い確率で肉離れという症状を完治させることが出来ます。
スポンサーリンク