肉離れ 重症度 判断

肉離れの重症度の判断の方法

スポンサーリンク

肉離れは症状に合わせて重症度が異なるため、適切な判断で治療を行うことが大切です。
肉離れの重症度は3つに分かれている為、それぞれの特徴を理解しておくことが、万が一自分や周囲の人が痛みを感じている場合、冷静な判断ができます。
具体的な重症度としては、1度損傷の場合、筋肉の中の一部が損傷受けている状態です。
微細な傷を負っていたり、細かい線維筋が傷んでいる可能性が高く、安静にしていることや、医療機関で温熱治療を行う事で回復しやすくなります。
数日の経過で完全回復し、再発の可能性は少ないと考えられる程度です。
2度損傷の場合、繊維筋が比較的傷んでおり、エコー検査ではっきり損傷がわかるほどとなっています。
2度損傷という重症度で運動を行うと、肉離れが再発しやすく、さらに回復が遅れてしまう危険性が高いです。
そのため、素人が勝手な判断をせず、痛みを感じていなくてもすぐに医療機関を受診し、治療を受けたほうがいいでしょう。
肉離れは放置していても症状によっては回復しますが、2度損傷の場合には完全回復しても再発しやすくなるからです。
スポンサーリンク

素人が判断してしまいがちなのは、2度損傷を1度損傷と勘違いする事です。
肉離れは一見景勝に見えても皮膚の下で大きな傷となっていることが多々あります。
そのため、エコーやMRI撮影により、具体的な重症度を医療スタッフに確認してもらいましょう。
自分だけの判断で再発しやすくなっては、怪我をした人の将来に対して良くありません。
3度損傷の場合には、最も重症度の高い肉離れといえます。
歩けないほど痛みを感じている場合が多く、外科手術が必要となる事も珍しくありません。
しかし、人によっては間違った判断をされてしまうリスクがあるので、専門的な医療機関を受診して、正確に判断してもらいましょう。
1度と2度の重症度の違いとして、筋肉の部分がへこんでしまっている可能性が高い事です。
触診によって判断される方法といわれていますが、肉離れの重症度を素人が判断すると間違う可能性が高いので、医療機関を受診して熟練した医師に相談しましょう。
肉離れはひどいと歩けなくなる可能性がある病気であるため、医療機関で相談することが最も大切です。
スポンサーリンク