肉離れ 対処 揉む

肉離れ発症時における患部を揉むという対処法について

スポンサーリンク

肉離れはスポーツ選手や運動している人が発症しやすい病気となっており、筋肉痛と症状が似ていることが特徴です。
実際に肉離れになると強い痛みを感じますが、その際の対処法として揉むという行為について説明をしていきます。
確かに筋肉痛の時には患部を揉むという対処法は有効ですが、肉離れについてはこれが逆効果となることがあります。
肉離れ発症直後に揉むという対処を取ると、筋肉の中の損傷がかえって促進されてしまうことがあります。
そうなると治療効果が得られるどころか、逆に肉離れによる痛みが増してしまうので注意が必要です。
肉離れ発症時については、揉むという対処法はタイミングがとても重要となっています。
なので基本的に発症直後は炎症が活発になっているため、揉むという対処法は厳禁となります。
この場合における対処法として、整形外科というクリニックで症状を診てもらうことが大切です。
そこでアイシングやテーピングという形で適切な処置がされるため、しばらくはその治療法だけを行います。
筋肉痛と混同しやすい病気や症状となっていますが、発症直後の患部を揉むという対処法は間違いなので注意が必要です。
スポンサーリンク

 筋肉痛の場合には対処法として揉むのは効果がありますが、肉離れでは発症直後に行うとむしろ逆効果となってしまいます。
ですが揉むという対処法が完全に間違っているというわけではなく、整形外科を受診して治療が完了した後であれば問題ないです。
整形外科で肉離れの治療を一定期間受けて、医師の判断でもう心配ない診断されたら幹部を揉んでも大丈夫です。
この医師の判断がとても重要なポイントとなっており、医学知識のない人が勝手に判断することは厳禁となっています。
整形外科での治療が完了した後は、肉離れを起こした患部を揉むことによって血行の流れを促進させることが可能です。
この時強く揉みすぎないようにするのが秘訣で、優しくマッサージする感覚で行います。
優しく揉むことで血行の流れを促進させたらそれで終了ではなく、次に肉離れのリハビリを行う必要があります。
血行の流れを良くするだけでなく、治療後にリハビリを行って以前のような状態に筋肉を戻していきます。
治療後は筋肉が固くなっていることが多いので、リハビリを行ってそのコリをほぐしていくことが目的です。
スポンサーリンク