ハムストリング 肉離れ 治療

ハムストリングの肉離れが治らない原因について

スポンサーリンク

ハムストリングとは、大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋という大腿後面にある筋肉の総称です。
下肢の運動能力に大きく関係する部分で、特にスポーツで重要視されますが、鍛えることが難しく肉離れなどの障害を起こしやすい部分としても知られています。
肉離れは筋肉が硬く弾力性を失っているときに急激な力が加わることで筋肉が切れて起きます。
重症度によって三段階に分類されており、1度は違和感があるものの運動は続けられる状態、2度は運動が困難な状態、3度は強い痛みがあり、歩くのも難しい状態です。
回復期間は1度の場合で二週間程度、2度で一ヶ月、3度で二〜三ヶ月ほどかかるとされています。
ハムストリングに肉離れを起こした場合、急性期にはRICE処置を行います。
すなわち、患部を安静にし(R)、冷し(I)、圧迫し(C)、挙上(E)します。
これで急性期の炎症の進行をできるだけ抑え、回復期間が短くなるようにします。
炎症がおさまれば、軽いストレッチ、ジョギング、エアロバイク、水泳などから始めて徐々に運動強度をあげていきます。
ただし、肉離れを起こしたということは、ハムストリングが硬くなっているということですから、ハムストリングを柔らかくするためのマッサージをおこないます。
痛めている場所を無理に揉んだりすると、肉離れを悪化させてしまいますので、できれば専門家のマッサージを受けるのがよいでしょう。
スポンサーリンク

ハムストリングの肉離れを起こしてなかなか治らないことに悩んでいる場合、いくつかの理由があります。
まず、肉離れが治らない状態なのに、患部を休ませることなく、だましだましトレーニングを続けていないでしょうか。
ケガの回復には安静が必要です。
思い切ってしっかり休み、確実に治してからトレーニングを再開することが大事です。
また、ハムストリングを伸ばすことで治そうと考え、ストレッチをやりすぎることも治らない原因になります。
弱いストレッチならいいのですが、無理に強いストレッチをすると、治るものも治らない状態になってしまいます。
ハムストリングの肉離れが治らないことの根本原因は筋肉が硬くなっていることなので、それを解消するためには筋肉を温めて血行をよくし、筋肉そのものを柔らかくしてやります。
蒸しタオルやホットパックなどを使い、ハムストリングを一日数回温めます。
二、三日これをおこなったからといって治らない肉離れが急に治ることはありませんが、気長に行うことで回復を早めることができます。
さらに、いったん回復したように見えても肉離れを繰り返したり治らない場合は、身体の使い方に問題がないかを考えます。
治らない肉離れを治すためには骨盤のゆがみ、フォーム、練習方法なども含め総合的に考え直す必要があります。
スポンサーリンク