肉離れ 原因 アルコール

肉離れ完治を妨げる原因はアルコール

スポンサーリンク

肉離れは筋肉に急激な負担をかけることによって、筋肉の一部が急激に引き延ばされてしまい、部分的に断裂を起こしてしまう症状を指します。
原因としては急激な運動が一番大きなウェイトを占めています。
放置しておいても治る病気ですが、1週間以上症状が続く場合や痛みが激しい場合は、医療機関を受診しましょう。
基本的に子供のころから高校生まで発症することが少ないといわれていますが、それ以外にも、普段から運動を行っている人の場合には発症することがない為、運動不足が原因で起こるといっても過言ではありません。
肉離れの原因となりうる急激な運動によって筋肉を傷めることを避け、運動効果を高めるためにはできるだけ準備体操やストレッチを行いましょう。
肉離れの原因となりうる筋肉断裂を防ぐためです。
筋肉が柔軟で有ればあるほど、筋肉を傷めるリスクを回避することができます。
特に筋肉が柔軟性を失いやすくなる原因として挙げられているのが、加齢です。
20歳以上になると柔軟性が失われやすくなるため、筋肉を定期的に動かして負担をかけないようにする必要があります。
スポンサーリンク

一般的に肉離れの治し方としては温熱療法が主流です。
応急処置でアイシングを行う事は事実ですが、治すために温めたほうがいいといわれています。
お風呂にゆっくりつかり、温めることや温シップを使うことで回復しやすいです。
アルコールは血液の流れをよくしてくれるので、少量であれば病状によっては問題ありません。
ただし、肉離れの時には絶対に口にしないでください。
アルコールを肉離れの時に飲んだことが原因で、痛みが激しくなることがあるからです。
アルコールを口にしていない時とは比べ物にならないほどの激痛といいます。
アルコール摂取によって、血行が促進され、脈が速くなって神経が圧迫されやすくなり、結果として痛みが増すからです。
スポーツ選手やスポーツを真剣にやっている人であれば、肉離れの時にはアルコール摂取を避けます。
わずかな摂取でも症状が長引き、痛みが増す原因となるからです。
アルコール摂取は炎症や痛みが完治してから楽しみましょう。
リハビリしている時点ではまだ、アルコール摂取は避けたほうが無難です。
肉離れの直りが遅くなる原因の一つがアルコールだからといわれています。
スポンサーリンク