肉離れ 筋肉痛 見分け方

肉離れと筋肉痛の見分け方

スポンサーリンク

急激に運動をすると筋肉痛になる事はよくありますが、痛みが激しい場合、肉離れとの区別がつきづらいのも事実です。
見分け方を知っておくことで、万が一の体調不良に役立つだけでなく、家族や身近な人の怪我にも早く気づけます。
基本的に肉離れは下半身を中心に起こるといわれていますが、急激に上半身のみ運動をした場合、稀に起こる人も少なくありません。
筋肉痛の場合には全身まんべんなく痛みが出ますが、運動をした場所の筋肉が動かすと痛いことが大半です。
痛みの発生する速度も異なり、肉離れの場合には痛めてすぐに出てきますが、筋肉痛の場合には翌日、遅い人では数日後に出てきます。
見分け方としては痛みの出てくる速さが一番わかりやすいです。
ただ、激しい筋肉痛で、出てくるのが早い人は数時間で出てくる事も珍しくありません。
そのため、見分け方としては他の方法も試して、総合的に判断しましょう。
肉離れの場合、見分け方の一つとして押すと痛みを感じるかどうかがあります。
押して痛みを感じる場合には筋肉を痛めている可能性が高いので、痛みが激しくなる前に対処しましょう。
スポンサーリンク

また、肉離れの場合、見分け方の一つに腫れあがるかどうかがあります。
肉離れを起こした場合、筋肉痛よりもずっと早く症状が出る事、腫れあがること、激しい場合は痛みで歩けないことも有名です。
症状が出た場合には早急に医療機関を受診しましょう。
筋肉痛の場合には動くだけで痛みを感じ、動きたくないと考える人も少なくありません。
ただし、お風呂に入ってゆっくり筋肉をいたわることが、筋肉痛対策になるので試してください。
それぞれの見分け方を学んでおくことで、自分自身で気づいていなかった肉離れを見つけることも可能です。
筋肉痛の見分け方としては、腕なら腕、足なら足全体的に痛むのが特徴となっています。
ただし、関節部分の筋肉が炎症を起こしている恐れもあるため、通常の筋肉痛とは異なると感じた場合には、すぐに医療機関を受診してください。
正確な見分け方を理解しておくことで、痛みの種類を正確に理解でき、肉離れの時に迅速に対応できるといわれています。
筋肉の痛みは様々ですが、運動前にストレッチを行う事によって、回避できるといいます。
スポンサーリンク