大腿四頭筋 肉離れ 原因

大腿四頭筋の肉離れの原因を知って治療しよう

スポンサーリンク

太ももの様々な箇所で肉離れが起きることがありますが、太ももの前側にある大腿四頭筋は名前のとおり4つの筋頭で構成されていて、大腿直筋・外側広筋・内側広筋・中間広筋で構成されています。
この大腿四頭筋は膝の曲げ伸ばしに必要で、しゃがむ動作やスポーツをする際に蹴る動作の時に使用され、ジャンプをする際にもこの大腿四頭筋が作用して大きな力を生み出し、着地する際にも体を支える重要な役割があるために、肉離れが起きていしまうことがあるので、しっかりと原因をしり肉離れの治療をしましょう。
通常の生活ではあまり肉離れの原因となる激しい大腿四頭筋の収縮はありませんが、スポーツ選手などは肉離れを起こしやすく、原因としては大腿四頭筋の収縮が急激に行われて、軽い場合は部分断裂を起こし、重症な場合は完全断裂が起こってしまうことです。
肉離れの症状は三段階に分かれ、軽症は小規模の断裂で自力での歩行が可能で、中症状は筋線維が一部断裂していて筋膜の損傷や皮下内出血が起きており、自力での歩行は難しいようです。
重症になると筋線維の断裂が深く、激痛も伴うために自力での歩行は不可能になってしまいます。
スポンサーリンク

大腿四頭筋の肉離れの原因となるのは無理に、筋肉に収縮をかけて動かすことが原因になりやすいために、非常にスポーツ選手は肉離れになりやすく、競技の内容としては陸上選手が行うスタートダッシュが大腿四頭筋にかなりの負担をかけるため、原因として多くありそのほかにも、野球のベース間を全力で走ること、バレーボールのスパイクジャンプをした際の着地時点の衝撃が原因となる場合があります。
まず大腿四頭筋の急激な収縮が原因で起きてしまいますが、その際はまず応急処置が大切でアイシングをしなるべつ動かさないように安静にしてください。
肉離れの治療法としては保存療法があり、なるべく自然治癒力を高めることで治療していきますが、患部を温めて行う治療法がありその治療と同時進行で、筋肉をリカバリーするためにグルタミンを含んだサプリメントを服用していきます。
グルタミンはアミノ酸の一種でもあり、医療現場では幅広くしようされています。
簡単な自宅でも出来る方法として、温めたタオルを患部に巻き温めましょう、そして安静にし症状が落ち着き始めたら、マッサージなどで筋肉を優しくほぐして肉離れを治療していきましょう。
スポンサーリンク