肉離れ 痛み 特徴

肉離れ発症時における痛みの特徴とは何か

スポンサーリンク

スポーツ障害とされる病気の中に肉離れという症状があり、太ももやふくらはぎを中心に痛みを感じることが多いのが特徴です。
しかし筋肉痛と混同しやすい病気でもあることから、肉離れの痛みの特徴について紹介していきます。
肉離れ発症時における痛みの特徴として、病気になってからすぐに激痛を感じることが多いのがポイントです。
筋肉痛の場合には運動後数時間から翌日に痛みを感じますが、肉離れの場合にはすぐに感じることが多いです。
筋肉の組織が切れてしまうことが多い肉離れは、運動直後に痛みを感じることが筋肉痛との違いとなります。
特徴として運動直後に痛みを感じた場合に肉離れとなり、数時間後の場合には筋肉痛と判断することが出来ます。
また筋肉痛とはさらに特徴が異なっており、何もしていなくても患部に痛みを感じるケースが多いです。
何もしないで激痛を感じると症状がかなり進行している状態なので、少しでも早く医療機関を受診して完治させる必要があります。
これが肉離れという病気の特徴となっており、発症後すぐに激痛を感じるということが筋肉痛との違いとなります。
スポンサーリンク

 肉離れは発症後すぐに痛みを感じることが特徴となっており、筋肉痛のように時間を置いてから激痛を感じる病気ではないです。
そこで次に治療法について説明をしていくと、発症後すぐに整形外科を受診して完治させることが重要です。
筋肉痛は冷湿布を貼ることで対処可能ですが、肉離れの特徴として医療機関できちんとした治療が不可欠となります。
ですが治療といっても重症化しない限りは手術にはならず、整形外科では次のような手順や流れとなっています。
患者の肉離れの症状を確認した後で、アイシングという方法で患部を冷やしていきます。
これは医療機関で処方される医薬品が使用されることが多く、その次に固定器具を使って患部を動かないように固定します。
ここが治療における重要なポイントとなっており、必要以上に患部に負担をかけないようにする目的があります。
また肉離れの痛みの特徴として、足がつったような激痛を感じることが多いのがポイントです。
筋肉痛に比べて激痛を感じることが多いため、症状を発症した瞬間は一時的にその場から動けなくなってしまう事例もあります。
スポンサーリンク