ふくらはぎ 肉離れ 治療 期間

ふくらはぎの肉離れによる治療期間について

スポンサーリンク

ふくらはぎの肉離れにの治療期間について原因と対策を踏まえて見ていきましょう。
肉離れはよく耳にする怪我かと思われますが、イメージとしてはサッカー選手の様な激しいスポーツをする方がなるイメージが強いかもしれません。
しかし実際には軽い運動でもなる可能性のある怪我です。
またふくらはぎの様に体重を支える様な部分でありますと他の部分に比べて肉離れは多いです。
では具体的に肉離れの原因と症状や治療に要する期間はどうなっているのでしょうか。
肉離れは筋肉が損傷した状態をいいます。
損傷とは筋肉の断裂です。
断裂の具合によって治療期間は異なってきます。
筋肉が断裂を起こす原因は急激な負荷をかける事や、筋肉疲労、過去に肉離れを起こした場所が癖になって再発したという様な原因が挙げられます。
負荷というものが原因にあります様に運動の激しさに関係無く、準備運動などをせずにいきなり運動をすると筋肉が固い状態ですので怪我を起こしやすくなります。
またふくらはぎという部分ですといきなり走ったりすると怪我をするケースが多いです。
筋肉が温まっていない内はいきなり動かさないで準備運動などをして怪我を予防しましょう。
スポンサーリンク

ふくらはぎの肉離れによる治療期間については大きく分けると3つに分けられます。
まず軽度の場合は完治までに約2週間程度の治療期間を要します。
軽度ですので実際に筋肉の断裂はあまりありません。
なのでふくらはぎに痛みをあまり感じない場合もあります。
次に中度の場合は1ヵ月から2ヵ月の治療期間を要します。
ふくらはぎに痛みを感じ、普通に歩く事も困難になります。
整形外科などで痛み止めや栄養剤を処方してもらい松葉杖で生活しながら回復させていきます。
最後に重度の場合ですと3ヵ月以上の治療期間を要します。
断裂具合が酷いと手術という場合もあります。
この場合は入院して治療からリハビリまで医師の指示の下に行っていく事になります。
肉離れはしっかり適切な対処をすれば治ります。
ふくらはぎに限った話ではありませんが怪我をしたらできるだけ早く整形外科などの専門機関に行きましょう。
また治療とリハビリはしっかり丁寧に行いましょう。
治りかけになると大丈夫と自己判断して、普段通りに運動した結果、怪我が癖になるという事もあります。
自己判断はしないで専門家の指示の下にリハビリまで完璧に行い怪我のしにくい体を造るまでが大切です。
スポンサーリンク