ふくらはぎ 肉離れ 足首 腫れ

ふくらはぎの肉離れと足首の腫れ

スポンサーリンク

毎日の生活の中でけがをすることが多くなっていますが、とくにスポーツをする人に多くなっているのがふくらはぎの肉離れということになります。
ふくらはぎの肉離れでは、体にさまざまな症状が現れるようになっています。
肉離れとはどのような特徴があるのかというと、筋肉が急に収縮し、その力に耐えることができずに、筋肉その股が断裂をしたり部分断裂をしている状態となります。
これがふくらはぎで発生していると考えるようにします。
その結果足首の腫れが見られることもあります。
スポーツ中は筋肉が収縮しているときに、無理に引きのばす動きを行うということでふくらはぎの肉離れが発生しやすいと考えられています。
ふくらはぎの肉離れではどのような症状が現れるようになっているのかというと、基本的には内出血が見られるようになっています。
このほかに足首の腫れが見られるようになっています。
内出血が原因となって足首などの患部の腫れが見られるようになっています。
スポンサーリンク

したがってふくらはぎの内出血が見られるときには、しっかりと応急処置を行って治療をする必要があります。
間違った方法を行うと患部の内出血を抑えることができません。
数日でふくらはぎだけではなくアキレス腱や足首、このほかには膝の近くまで腫れが広がることもあります。
したがってここで大切なことは、内出血を止めるということになります。
肉離れをしているときには、応急処置として次のようなことを行います。
足を心臓よりも高くして、患部の血圧を下げて血流を減らすことが必要です。
これで足首の腫れを解消することができます。
また足首の腫れを引き起こさないためには、患部を圧迫しながらアイシングを行います。
テーピングを強めに巻いて、冷却剤を巻き込むという方法になります。
これで肉離れによる足首の腫れを解消することができます。
この応急処置を行うことで、ひどい腫れが発生するということがありません。
この後で医療機関を受診して適切な治療を受けます。
スポンサーリンク