ふくらはぎ 肉離れ 後遺症

ふくらはぎなどの肉離れを起こした際の後遺症について

スポンサーリンク

ふくらはぎなどの肉離れを起こしてしまった際の後遺症として最も多くなっているのが筋肉周辺が痺れてしまったり、冷えてしまうといった後遺症です。
痺れと冷えが動じに残ってしまい、継続して症状が出続けてしまうことになってしまいます。
しっかり改善することによってこのような後遺症が出てしまうことはありませんが、ふくらはぎなどの肉離れを起こしてそのまま放置してしまうことによって血管が潰されたままになってしまうので症状が残在することになります。
ふくらはぎなどの肉離れは放置してしまうことによってたんこぶにも似たものができてしまいます。
そのたんこぶが神経だったり、血管を圧迫してしまうことによって血流不足になってしまい、神経圧迫が起こったりと強い症状が出てきてしまいます。
後遺症として症状が残ることによってほとんどの場合、改善することは難しくなってしまいます。
ですので、できるだけ早い段階でふくらはぎなどの肉離れの症状を回復させることが大切です。
スポンサーリンク

肉離れが発生してしまった場所にもよってきますが、ふらくはぎといった下半身に発生してしまった場合、肉離れが原因となってしまって腰痛になってしまうことがあります。
ふくらはぎなどの足の筋肉を動かしにくくなってしまうとその負担をカバーするように腰の筋肉が過剰に働くようになり、次第に腰痛の症状が出てきてしまうことになります。
ふくらはぎなど動かしにくくなってしまった足をカバーするために腰の筋肉が頑張りすぎてしまうことになります。
ふくらはぎなどの肉離れを起こしてしまった際にしっかりと改善することによって腰痛といった症状が出てきてしまうことはほとんどありませんし、後遺症が残ってしまうこともありません。
ですが、放置してしまうことによって後遺症が残ってしまうことがありますし、様々な痛みが出てくるようになってしまいます。
ですので、後遺症を残さないためにも肉離れを起こしてしまったら適切な処置を行うことが大切です。
スポンサーリンク