ふくらはぎ 肉離れ 見分け方

ふくらはぎの肉離れの見分け方について

スポンサーリンク

スポーツを行った場合に、無理な筋肉の使い方によってふくらはぎの肉離れを発症する場合があります。
肉離れとその他の怪我の見分け方には様々な判断基準があります。
まずふくらはぎを痛めても、自力で立ち上がりその後に歩行が出来る場合は肉離れの可能性が低いでしょう。
なぜなら、肉離れを発症すると筋肉の激痛のために担架や車イスが必要となる事が一般的だからです。
また、ふくらはぎの怪我の見分け方としては、患部が腫れている場合は肉離れの可能性があります。
そして変色する場合もあります。
他方で単なる筋肉痛の場合は患部の腫れや変色を引き起こすケースは稀です。
また骨折の場合は患部の腫れが大きい点が特徴となります。
そして骨折は熱を持った激痛が特徴です。
他方で肉離れの場合は、症状が軽い場合は患部が腫れないケースもあります。
そして筋肉に痛みを感じる事が一般的です。
怪我の見分け方の知識を知っておくことによって応急処置が可能となります。
スポンサーリンク

スポーツでふくらはぎの肉離れを発症した場合に、すぐに応急処置をして病院に行くことが大切です。
この場合、ふくらはぎの筋肉痛の場合は、その痛みは全体に広がっている点が特徴です。
他方で肉離れの場合は、局所的に強い痛みを発症することが一般的です。
このように、痛みの箇所が見分け方のポイントになります。
その他の見分け方としては、ふくらはぎに湿布などを貼ると症状が緩和されるのが筋肉痛です。
他方でふくらはぎの肉離れの場合は、湿布を貼っても激痛が続く場合が一般的です。
病院で本格的な治療を要します。
また回復期間も数週間以上となり、復帰まで長くなることが一般的です。
他方で筋肉痛の場合は、1週間以内に回復するケースもあります。
このように回復期間の長短も怪我の見分け方になります。
またその他の見分け方としては、ふくらはぎを痛めた原因がはっきりしない場合は筋肉痛の可能性が高いです。
また、痛めた際に音が鳴った場合は靱帯損傷などその他の怪我の可能性があります。
スポンサーリンク