太股 肉離れ 治療

太股の肉離れは早く治療した方が良いです

スポンサーリンク

肉離れの中でも、太股はスポーツだけでなく日常生活に直結する部分なので、早急に治療を行った方が良いです。
そもそも肉離れは筋肉の断裂なので、一時的に攣るような場合と異なり治療に時間がかかります。
数週間から1か月も治療に時間がかかる場合もあり、スポーツ選手にとってもとても辛い期間となるでしょう。
太股の肉離れの場合は、過度なスポーツの酷使や急激な使用によって引き起こされるケースが多いです。
太股の中でも裏側の筋肉の肉離れは、酷使したり無理な運動を続ける若い人に比較的多いです。
ふくらはぎの肉離れは太股に比べると、どの年代でもまんべんなく起こる傾向があります。
いずれにしても、運動前のストレッチや準備体操が大きな予防効果となるので、そのあたりをおろそかにしない方が良いでしょう。
また、運動中に太股に違和感を感じたら、少し様子をみたり簡単にでも治療をすることで、大きな肉離れになるのを防ぐことができるでしょう。
スポンサーリンク

太股の肉離れの治療は、とにかくアイシングが重要です。
アイシングは1日から2日は行った方が良いです。
太股だけでなく、肘や肩なども痛みを感じたらアイシングを始めることです。
できるだけ早く治療を始めることで、回復のスピードも全く異なるでしょう。
痛みが大きいうちはアイシングを続けた方が良いでしょう。
アイシングをやめるタイミングは主治医に相談してみると良いです。
その後は包帯などで圧迫と固定するのがベストです。
徐々に回復してきたら、簡単な運動やストレッチを始めて、包帯を外すようにすると良いでしょう。
また、スポーツ選手などが本格復帰するタイミングは治療をしてもらたっら主治医などと相談のうえ、慎重に決めた方が良いです。
自己判断でいきなりトップコンディションに戻そうとすると再発する危険性があるので、注意しながら徐々に体を戻していくことが大切です。
一度は経験しておくと、運動の前後で自分の体のケアの仕方をしっかりするようになるでしょう。
スポンサーリンク