ふくらはぎ 肉離れ 内出血

ふくらはぎの肉離れを起こして内出血の症状も見られる場合

スポンサーリンク

ふくらはぎの肉離れを起こしてしまった際に赤く腫れることがあったり、痛みを伴ってしまうことがあります。
これは内出血が原因のものが多くなっています。
また、ふくらはぎの場合、立っていたり座っていたとしても下方向に重力を受けてしまうこともあり、血液が広がる危険性があります。
このことによって回復を遅らせてしまうこともあるので注意しないといけません。
ふくらはぎの肉離れを起こしてしまった際に筋肉や筋肉を包んでくれている筋膜といった組織が損傷を受けてしまいます。
ですので、患部が陥没してしまったり、指で押すことによって痛みを感じてしまうというのが肉離れの一般的な症状になっています。
歩く際の痛みに関しては筋組織が傷ついてしまっているので起こるものになっています。
ふくらはぎの内出血を起こしてしまうことによってそれより先にある細胞に血液が届きにくくなってしまうことになります。
ですので、痛みが増えてしまったりと症状が悪化する可能性もあるので適切な対応を行う必要があります。
スポンサーリンク

肉離れを起こしてしまった際の応急処置としてはRICE療法と呼ばれるものがあります。
応急処置をする際の動作を頭文字で取っているものになっています。
このRICE療法は内出血を起こした際の処置としても効果的な方法になっています。
ですので、肉離れを起こして内出血の症状も見られる場合にはこの処置を必ず行うようにしましょう。
応急処置を施して病院で診察を受けることによって内出血は数日で消えてきます。
体にある自然な治癒力により、内出血の症状を改善させることができます。
刺激を与えてしまわないようにすれば悪化してしまうこともないので、安静にしていることが大切です。
ふくらはぎなどの肉離れを起こした際に内出血を起こすことによって腫れたりしてしまう症状も起こることがあります。
ふくらはぎといった部分の肉離れを起こしたら必ず適切な処置を行って病院へ行くことが大切です。
ふくらはぎは特に肉離れを起こしやすい部分なので注意するようにしましょう。
スポンサーリンク