肉離れ ふくらはぎ 治し方

ふくらはぎに起きた肉離れの治し方

スポンサーリンク

肉離れは急激な筋肉の収縮によって筋肉が断裂してしまう症状で、ふくらはぎに多く発症し、軽度・中度・重度の3つの段階に大別されます。
軽度の場合は歩行に支障はあまりなく痛みも角度や時間によって出る程度です。
しかし、中度、重度の場合は歩行に支障をきたし重度の場合では患部を指で押しながら圧迫すると陥没が確認できます。
そして肉離れの治し方として最も重要なことが発症後に「適切な応急処置を行い、どれだけ早く専門家に診てもらえるか」ということになります。
肉離れが発症しその場ですぐに行なう治し方としてRICE処置が挙げられます。
つまり初めは肉離れを起こしているふくらはぎの筋肉に負担を掛けないよう安静にし、その後、冷やしながらふくらはぎの圧迫固定をテーピングや伸縮性のある包帯などを使って行ないます。
その際、絶対に行なってはいけない間違った治し方としてマッサージが挙げられます。
普通の筋肉痛の治し方はストレッチやマッサージですが、肉離れの場合は伸びきっている筋繊維がさらに切れてしまったり、内出血が悪化したりする危険性があります。
スポンサーリンク

応急処置の後は整形外科を受診して骨折などが起きていないかを確認します。
そしてふくらはぎの痛みが肉離れによるものと診断された場合、治し方は痛み止めの湿布、もしくは飲み薬が処方され、患部を圧迫することになります。
患部の圧迫方法としてはサポーターとギプス固定を利用する治し方があります。
サポーターの方が手軽ですが固定力はギプスよりも劣ってしまい治りが遅くなってしまいます。
そして、ギプスでも歩けるギプスを装着してもらうようにします。
松葉杖で浮かせているようするギプスではふくらはぎがむくんでしまい血液の循環が悪くなり回復が遅れてしまいます。
しかし、歩けるギプスではヒールが付いており固定しながら歩く事ができます。
そのため肉離れを起こしたふくらはぎを守りながら歩くことで血液の循環を悪化させることはありません。
従って治し方としては歩けるギプスで固定して肉離れを起こした場所の組織をなるべく動かさないようになります。
ふくらはぎの肉離れの治療は通常で約2週間〜3週間の固定をしていると炎症が治まり痛みが軽減されていきます。
その後は運動を伴ったリハビリを行っていきます。
一般的に3〜4ヶ月程度かかることがあり、運動や競技に復帰する場合はストレッチの際に痛みがとれ、通常のストレッチの感覚になるまではジャンプやダッシュは避けるようにします。
スポンサーリンク