肉離れ 予防 食事

肉離れの予防には食事も重要なポイントです

スポンサーリンク

肉離れの治療や予防には食事も大きなポイントとなります。
そもそも肉離れとは過度な力が筋肉に加わる事で、筋繊維や筋膜が断裂してしまった状態を言います。
スポーツの最中に発生することが多く、普段運動しない人や、逆に筋肉が酷使されて疲労がたまっている状態の人に起こりやすい怪我です。
肉離れの予防のためには、普段から適度に運動をしていることが重要です。
特に今まで運動という運動をしたことが無い人が、いきなり激しい運動を始めると筋肉が追い付かずに肉離れを起こしやすくなります。
今まで運動の経験があまりない人は、軽めの運動から始めるようにしましょう。
また筋肉の柔軟性が欠如しているのも原因の一つとなるので、普段からストレッチを行って筋肉の柔軟性を保つようにするのも予防として効果があります。
運動をする前には準備運動をするというのも大事な予防法です。
体を本格的に動かす前に軽く運動をする事で、筋肉を温めることで柔軟性を確保します。
そして筋肉はあくまで体の一部ですから、その筋肉を良い状態に維持するためにはしっかりと栄養を摂取する、すなわちちゃんとした食事を取る事が重要になってくるのです。
スポンサーリンク

肉離れは筋肉の損傷ですので、筋肉を良い状態に維持することが予防になります。
そのために普段の食事の中で意識して摂取したい栄養素がいくつかあります。
まず普段の食事に、たんぱく質が多く含まれているものを積極的に加えましょう。
たんぱく質は筋肉の主な成分であり、筋肉を維持するためには欠かせません。
肉や魚、または大豆といった食材を用いた食事がお勧めです。
他に、ビタミン類を食事に加えることも大事です。
特にビタミンB群やビタミンCといったビタミンは、肉離れ予防に欠かせません。
ただビタミン類の多くは長く体にとどめることが出来ないので、普段の食事の中でこまめに摂取するのが大切です。
また、ミネラル類も欠かせません。
特にマグネシウムは筋肉を弛緩させる効果があるので、肉離れ予防に効果的です。
これらは肉離れになった後の治療においても、治療期間を早める意味で効果的です。
肉や野菜、魚介類などバランスよく摂取して、ストレッチなどもしつつ適度に運動を続けるという、健康的な生活こそが肉離れ予防の一番のポイントです。
スポンサーリンク